5月に読んだ本

5月に読んだ本を下書きにしたためていたのに、あっという間に6月が終わりそうです。

 

 

5月は仕事が忙しい&どうぶつの森にはまっていてあまり本を読めませんでした。振り返ってみると読んだのは漫画ばっかりでした。漫画Parkで無料で読める白泉社の有名どころ少女漫画を読んだりはしてましたが、それも漫画で結局漫画しか読んでいない。6月はKindleでセールになっていたちくま新書をいくつか購入してあるので読むはず・・・(6月ももう月末だし、積んでしまいそうな雰囲気がすでにある)それでは5月に読んだ本(漫画)です。

 

「メタモルフォーゼの縁側」鶴谷香央理著

全巻まとめ読み。くすぐったい面白さでした。ずっと二人の穏やかな時間が続いてほしいんだけど、きっとそうは問屋が卸さないんでしょうね。続きが気になります。すんなりとボーイズラブ文化を受け入れるなんて考え方が柔軟だし素直だよね。二人とも素直でひたすら可愛い。

 

 

「世界で一番、俺が○○(8)」水城せとな

だんだんと恐ろしい展開になってきた。そういうことだったのね!という展開。セカイの時間の概念を甘く見積もっていました。チグハグな会話はこれの伏線だったのね。続きが楽しみです。

年齢とともに好きな漫画家も変わっていくのがほとんどだと思うのですが、水城せとなさんの作品は中学生くらいからず〜〜〜〜〜っと読んでる。読み返して、あの頃は理解し切れてなかったけど、いまになって響く描写があったりする。つまり面白いので読んで見てください。 

ちょっと前に「俎上の鯉は二度跳ねる」の描写がソフトになる(物は言いよう)って話題になりましたが、もちろんソフトになる前の漫画を持っています。うふふ。

 

 

青野くんに触りたいから死にたい(6)」椎名うみ

怖いよう!!久しぶりに読み進めるのが怖いけど面白い漫画です。目がギンってなる描写に毎回ヒエ〜〜ってなる。 

 

 「鬼滅の刃(20)」吾峠呼世晴

鬼滅の刃 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ラストスパートかけてびゅんびゅん話が進む。21巻が楽しみです。

 

 

「上流階級 富久丸百貨店外商部」高殿円著 

上流階級 富久丸百貨店外商部 (小学館文庫)

上流階級 富久丸百貨店外商部 (小学館文庫)

  • 作者:円, 高殿
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 文庫
 

 本読んでた!!!!

コロナでお買い物にいけない毎日ですが、百貨店にものすご〜〜〜〜く行きたくなりました。外商部とは程遠い人生を送っていますが、SNSで覗き見る桁違いの方々は、きっとこういうのをご利用なさっているんだろうな、と妄想が膨らみました。お作法として、「お金持ち」ではなく、「上流の方々」と呼ぶという一節(があったよね???)は刺さりました。

 

 

 

以上です。あんまり読んで無い。どうぶつの森ばかりやっていました。

 

 

攻略本を買ったりはしていましたw

 読み応えがあって、小学生の時においでよどうぶつの森を攻略本読みながらプレイしていた時を思い出しました。どうぶつの森は何歳になっても楽しめるゲームだなって本当に思います。